【連想キーワード】ネットユーザーが検索するキーワードの予測方法!

アフィリエイト トレンド

みんなが一斉にトレンド記事を書きだしたら内容が被って埋もれてしまう様な気がする。他人の記事とは被らず且つ目立つ上手いやり方ってないかな?

こういった疑問に答えます。

補足:記事の信頼性

アフィリエイト収益は、年700万円を超えています。記事の信頼性担保になるのでは、と思っています。

本記事の内容

この記事を読むことで、トレンドアフィリエイトの命ともいえるネットユーザーが検索するであろうキーワードを予測する方法が理解できます。

トレンドアフィリエイトで狙うキーワードは 実際にユーザーが検索索するキーワードでなければいけません。
ユーザーが実際に検索索するキーワードには2種類があり、

・関連キーワード(虫眼鏡キーワード)
・連想キーワード(ずらしキーワード)

です

トレンドアフィリエイトでは、このどちらかのキーワードを使⽤用して記事を書いていきます。
今回は、「連想キーワード(ずらしキーワード) 」を   使⽤用したキーワード選定について説明します。

スポンサードサーチ


【連想キーワード】ネットユーザーが検索するキーワードの予測方法!

連想キーワードとは、ニュースを読んだりテレビを⾒たりしたユーザーの多くが、その内容を元に検索するであろう事柄を予測して設定するキーワードです。

連想キーワードは、ニュースなどが配信されてから新しく⽣み出される検索ワードなので、⾍眼鏡ワードのように、既に多くのユーザーから検索されているキーワードではありません。

ニュース内容を元にユーザーが検索するキーワードといっても、例えば「俳優●●が結婚した」というニュースを読んで、   「●●   結婚」というキーワードを狙っても、それは元のニュースと同じ視点で同じキーワードを使っていることになりますから、アクセスを集めることはできません。
※元のニュースと同じ視点で選定された「●●   結婚」のようなキーワードを“ストレートキーワード”といいます。

というのも、通常ユーザーが検索するキーワードは、元のニュースのキーワードとは視点が異なっているケースが多いからです。

元のニュースで●●が結婚したことは知っているので、「●●   結婚」というような直球キーワードでは検索索しません。    
連想キーワードとは、元のニュースとは異った視点で考えた上で、検索されるであろうと予測して作られるキーワードなのです。

このような異なった視点で、キーワードを選定することを視点をずらすことから「ずらし」といいます。

そして、ずらしによって作られたキーワードが   「連想キーワード(ずらしキーワード)」なのです。  

例えば、「女性タレント●●が結婚」というニュースが報じられたとしましょう。

<例>
女性タレント●●が自身のブログで、
先月末に入籍していたことを明らかにした。
相手の男性は一般人とのこと。
なお、●●は妊娠していない。

このニュースを読んだ、ネットユーザーはニュースに興味がわき、検索をかけるとします。

この場合ネットユーザーは、どんなキーワードで検索索をかけると予測できるでしょうか?

これを考えることが、“視点を移動する” ということになります。

いきなりは難しいと思いますので、実際にあった例をもとに説明していきます。    

ずらし(連想キーワード)の例

<例1>
俳優の藤原竜也さん(31)が一般女性(34)と年内に
結婚することが31 日分かった。所属事務所が各報道機関に
ファクスで発表した。所属事務所によると、
2人は平成16年夏に知人の紹介で知り合い、
交際をスタート。昨年末に結婚を決めたという。
藤原さんは31日午後に会見する予定。

このニュースをみたユーザーの多くが検索をかけたキーワード。
それは、
「藤原⻯也   彼⼥」、「藤原⻯也   結婚相⼿   ⼀般女性」、「藤原⻯竜也   嫁」
といったものでした。

このニュース場合、藤原⻯也の結婚相⼿が一般⼥性だったため、多くのユーザーが藤原⻯也の結婚相手である彼女がどんな⼥性なのか気になったのです。

そして、ネット上に過去の熱愛スクープ情報などは落ちていないか?一般⼥性についての情報はないか?
とこれらのキーワードで検索索しました。

ということで、このようなニュースに関する連想キーワードを選ぶときは結婚というものに視点をおくのではなく、「彼⼥」や「結婚相⼿」といったものに視点をおくべきであることがわかります。

このようなキーワードに対して、記事を作成していた⼈人は かなりのアクセスを集めることができたであろうと考えられます。

<例2>
俳優・中村昌也(27)の妻でタレントの矢口真里(30)が 不倫していたと、21日発売の「週刊女性」が報じている。

同誌によると、矢口は今年2月22日に複数人で飲みにいき、
ファッション誌の専属モデルU(25)を自宅に“お持ち帰り”。
翌23日朝、ドラマの地方ロケを予定より早く終えて
帰宅した中村が、寝室でUと鉢合わせし修羅場に。
その後、中村は自宅を出て一人暮らしを始め、
矢口も実家近くに新しいマンションを借りたという。

このニュースをみたユーザーの多くが検索をかけたキーワード。
それは
「⽮口真里   モデルU」、「⽮口真⾥   不倫相⼿   誰」
といったようなものでした。

このニュースを知った多くのネットユーザーは   ⽮口真⾥の不倫相手について知りたいと思い、このようなキーワードで検索をかけました。

相⼿について知りたいという点では、先ほどの藤原⻯也の例と似ていますね。

特に不倫相⼿については「モデルU」と伏字にされていたため、余計に⽬立ち、「“モデルU”とは⼀体誰なんだ!?」ということでこの「モデルU」というキーワードで検索索をかけて情報を探すユーザーが増えました。

冒頭でも説明した通り、ニュース記事を元に記事を書く場合、一番やってはいけないパターンが、視点を移動せずそのまま
「藤原⻯竜也   結婚」とか「⽮口真里   不倫」といったキーワードで、記事を書いてしまうことです。

ユーザーは⼀番最初に読んだ元のニュースで、藤原⻯也が結婚したことや、⽮口真⾥が不倫したという事実については既に知っているので、あらためてこのようなキーワードでは検索索しません。

通常、ネットユーザーはまだ⾃自分が知らない情報について検索索するのです

「藤原⻯也   結婚」とか「⽮口真里   不倫」というキーワードはすでに⼤手サイトが使⽤しているケースが多く、SEOの強さからみてもこれらのストレートなキーワードで⾃分のブログを上位表⽰させるのは難しいでしょう。

つまり視点を移動するのは、SEO的に強い⼤手サイトとキーワードが被らないようにするためという意味合いもあるのです。

“ずらし“によって作られた連想キーワードは、特にニュース配信直後やテレビ放送直後に記事を書く場合に有効なキーワードです。

ニュースなどが配信された直後に、多くのユーザーが検索するであろう、連想キーワードを狙うことで⼤量のアクセスが見込めるのです。  

連想キーワード発想のポイント

ニュースなどを見たユーザーが検索するであろうキーワードとはどのようなものでしょうか?

ユーザーが検索するであろうキーワード、それは

・ニュースに書かれていない事柄
・伏せられている事柄

に関するキーワードです。

元のニュースに情報が書いてあれば、それについて調べる必要がないわけで、ユーザーは自分の知らない情報について検索します。

そしてこれらの事柄とは、元のニュースを読んだユーザーが「その詳細について知りたくなるポイント」や「疑問に思うポイント」だったりするのです。

矢口真里の例で言えば、「モデルU」が、藤原⻯也の例で言えば、「結婚相手」
ユーザにとって「詳細について知りたくなるポイント」であり、「疑問に思うポイント」であり、検索されるキーワードなのです。

このような連想キーワードを発想するためには、自分がニュースを読んだときに、「もっとこの点について詳しく知りたい」と思うようなポイントがあるかどうか考えてみて下さい。

そして、
「相⼿手は誰なのだろうか?」
「いつなのだろうか?」
「なぜなのだろうか?」
「どういうきっかけでこうなったのだろうか?」

といったように、疑問に思う点があるかどうかチェックしてください。
あなたが気になったり、疑問に感じた点は、同じようにユーザーも   気になっている可能性があります。    

こういったポイントを考える上では、5W2Hをヒントにすると良いかもしれません。

1,Why  (なぜ?理理由は?)
2,What  (何を?)
3,When  (いつ?)
4,Who  (誰が?誰と?)
5,Where  (どこで?)
6,How  (どうやって?)
7,How  much  (いくらで?)

常⽇日頃から配信されたニュースにおいて、詳細を知りたくなるポイントや   疑問に思うポイントがあるかどうか、チェックする癖をつけてください。

こういった点をチェックする習慣つけること、考える癖をつけることが「ずらし」上達の⽅方法です。    

ただ、この連想される事態は多くのユーザーが連想できる内容でなくてはいけません。

無理矢理考えないと連想できないようなものは、⼀一般ユーザーは連想しませんので検索索されません。

この辺の感覚は、色々なニュースを見ながら検証しつつ、感覚を掴んでいきます。

以上まとめると、ニュースを読んだ時に

・詳細を知りたくなる点がある
・疑問に思う点がある
・元のニュースを受けて連想できる事態がある

この3つのポイントのいずれかがあったら、連想キーワードを使うべきタイミングといえます。    

スポンサードサーチ


連想キーワードと記事内容について

連想キーワードで記事を書くときは、ニュースで報じられていない内容に視点を移動して、記事を作るとお話ししました。

その場合、ニュースで報じられていない内容をキーワードに盛り込むのはいいが、

記事に書く情報はどのように入⼿するのか?
どのように記事を書けばいいのか?

といった疑問が出てくるかと思いますので、その点について説明します。

■ニュースで報じられていない内容・情報をどこで入⼿するのか?

ニュースで報じられていない内容・情報をどこで⼊入⼿手するのか?
という点ですが、こういった情報を見つける先はネット上です。

ネット上には非常に多くの情報やヒントが落ちています。

ニュースで報じられていない内容も、ネット検索や2ちゃんねる、Twitterなどを探せばお目当ての情報に辿り着ける可能性も高いです。

Twitterであれば専用ツールとかうまく使うと、話題になっているツイートを瞬時に集めてくれるし、そのまま記事に取り込むことも簡単です。

トレンドアフィリの自動化ツール

ニュースで報じられていない内容は、ネット上で情報を見つけて記事を書けば良いのですが、「ネットから情報入⼿できるのであれば、すでにその情報について記事を書いているライバルがいるということだから、上位表⽰示できないのでは?」と考える⽅方もいるか もしれません。

しかし、その場合はその情報元サイトと違うキーワードを狙うことでバッティングを 回避することができます。

例えば先述の⽮口真⾥不倫の件で、「モデルU=梅⽥賢三」という情報を入⼿した先は2ちゃんまとめサイトでした。

そこでの情報を元に記事を書いたので、私が記事を書くよりも 早く存在していたのです。

しかし、私は大量のアクセスを集められました。

それは、 狙うキーワードが違っていたからなのです。    

実は、その2ちゃんまとめサイトの記事のタイトルは
「矢⼝真里が梅⽥賢三と不倫!しかも夫にバレてピンチwwwwww」   というようなタイトルでした。

つまり、元のサイトで狙っているキーワードは
「矢口真里   梅田賢三」

私の記事で狙っているキーワードは
「矢口真里   モデルU」

です。情報元のサイトと狙っているキーワードが違いますよね。

このように、情報元のサイトと狙うキーワードが違えば、同じ内容でもアクセスを集めることは可能です。
ちなみに「矢口真里   梅⽥賢三」よりも「矢口真里   モデルu」のほうがアクセスが集められるキーワードです。

というのも、大元のニュースしか読んでいな いユーザーは、その時点で矢口真里の不倫相手が梅田賢三だなんてわかりませんから、そもそも“梅⽥賢三“という名前が浮かばないです。

なので、「矢口真里   梅⽥田賢三」 は一般的には検索されないキーワードです。

■元のニュースと同じ情報しか見つからなかった時は?

元のニュースで報じられた内容と同じような内容しかネット上で 見つけられなかった場合の記事の書き⽅方について説明します。

例えば、「 俳優の●●が結婚」というニュースがあったとして、結婚相手の情報が元のニュースに書いてある内容以外、   どんなに探してもほとんど見つからなかったとします。

このような場合、まず狙うキーワードを「●●   嫁」といったような連想キーワードに移動して設定します。

ニュースを読んだばかりのネットユーザーは、もっと嫁についての情報を知りたいと考えて、このようなキーワードで検索したりします。

そこで記事の内容は、ネットで新たに見つかったどんなに細かい情報であったとしてもいいので、プラスしてください。

それすら見つからなければ、そのニュースに対しての2ちゃんねるやTwitter上の反応を記事に盛り込んでください。

そして、⾃自分の考察をしっかり加えた記事を書くようにします。

こうすることで、元のニュースと同じ情報だけの記事内容よりは、よりしっかりした記事になるはずです。          

連想キーワード≒関連キーワード

例えば、「⼈人気俳優Xが週刊誌フライデーにデート現場を撮られた!!」
というニュースがあったとします。

この場合、ユーザーはこんな疑問をもちます。

「デートの相手は誰?」
「フライデーのスクープはどんな内容?」

すると、そのユーザーは次のようなキーワードで検索索をかけるのです。
「デートの相手は誰?」         ⇒    「X   フライデー   相手」
「そのスクープはどんな内容?」  ⇒    「X   フライデー   デート」

以上のような連想キーワードを考えだすことについては多くの実践者が「難しい…」と悩んでいます。
しかし、トレンドアフィリをある程度実践してきた勘のよい⽅方なら気づく事実があります。

それは、連想キーワード≒関連キーワードであるという点です。  

連想キーワードと関連キーワードは、ほぼ同じものなのです。

ニュースが報じられた後、ネットユーザーは様々なキーワードの組み合わせで検索をかけます。

そして、その中でも数多く検索をかけられたキーワードの組み合わせが、関連キーワードに昇格(関連キーワードとして表示されるようになる)していきます。

ニュースなどが報じられた後に、多くのユーザーが検索するキーワードを予測したものが連想キーワードでした。

つまり、多くのアクセスを集める正解の連想キーワードは実際に多くのユーザーから 検索され後に関連キーワードになっていくということなのです。

例えば先述のフライデー熱愛スクープの例において、ネットユーザーが次のような組み合わせで検索をかけたとします。
    「X   彼女」、「X   熱愛」、「X   フライデー」、「X   スクープ」…etc

そうしたら、この組み合わせの中で多く検索されたものが、関連キーワードに昇格していくということです。

それを事前に予測できれば、正解の連想キーワードを当てることができるということです。

これを逆手に取って考えると、正解の連想キーワードを考える際は、今回報じられたニュースと似たようなニュースが過去にあれば、その時に生まれた関連キーワードのパターンと同じパターンで今回も多く検索されるのではないか?

と予想することができます。

似たようなニュースが過去に報じられていた場合は、その時の関連キーワードを参考にすることによって、今回の正しい連想キーワードを発想することができるのです。

実際に、フライデーで熱愛をスクープされた芸能⼈人の関連キーワードには
「人物名   フライデー」という組み合わせがよく表⽰示されています。

実は、「⼈人物名+フライデー」というキーワードの組み合わせはフライデーのスクープがあった時に毎回検索される鉄板キーワードなのです。

その他にもトレンドアフィリエイトを実践していく中で、よく見かける関連キーワードの組み合わせ

例:
「人物名   +   熱愛」、「人物名   +   彼氏(彼⼥)」…

といったものを把握しておけば、ユーザーの検索パターンを把握することができ、次に同じようなニュースがあった時に、そのパターンを当てはめてキーワード選定をすることができます。

このように、ユーザーが検索するキーワードには一定のパターンがあります。

連想キーワードというと、「誰も考えたことのない、全く新しいキーワードパターン」というように考えてしまうかもしれませんが、それは間違いです。

連想キーワードを考える際は、すでに他のニュースで関連キーワードとなった   検索パターンを参考にしたほうがいいということなのです。

全く新しい言葉を考えてキーワードを作っても、そもそもネットユーザーがその言葉を発想できませんから、検索されないです。

普段の実践作業のなかで、関連キーワードにどんなパターンがあるかをよく見ておくことが、連想キーワード上達法です。   ぜひ、意識識しておいてください。

こういうことが分かると、連想キーワードを使うメリットがより明確になるかと思います。

虫眼鏡ワードなどの関連キーワードはアクセスを集めやすいキーワードですが、同時にライバルも多いキーワードでした。  

ですが、ライバルが増える前に(=関連キーワードに昇格する前に)、連想キーワードを狙うことで、上位表⽰示しやすくなり、大量のアクセスを集められる可能性が上がるのです。  

スポンサードサーチ


関連キーワードサイトを活⽤しよう

連想キーワードを考える上では、関連キーワードを参考にするということを話しましたが、その際は⾍虫眼鏡ワードだけではなく関連キーワードサイトである「good   keyword」を活用するとよいです。
「good  keyword」   http://goodkeyword.net  

普段から記事を書く時などに人物名やその他のメインキーワードで検索しておくと、実際にどんなキーワードがよく検索されているかわかります。

色々な人物名などで検索しておけば、ユーザーの検索パターンがわかります。

また連想キーワードでは、同義語、類義語を意識するということも重要になります。

例:「旦那」=夫、「嫁」=妻・奥さん、「画像」=写真、「熱愛」=恋愛

同じ意味の言葉葉の中でも、より多く検索されている言葉を狙うのが王道です。

自分が思いついたキーワードと同じ意味なのに、別の表現でより多く検索されているキーワードがあるかもしれません。ここを外してしまうと、アクセスが集まらず、も ったいないことをしてしまいます。

こういったことも「good  keyword」を普段から見ておくことでわかるようになります。

このサイトに表示される組み合わせは、実際に多く検索されている キーワードの組み合わせパターンを示しています。なので何度も目を通すことでネットユーザーの検索パターンを覚えることができますね。

連想キーワードを活⽤したいネタ

連想キーワードを積極的に活用していきたいネタとしては、まず、芸能ニュースが挙げられます。

芸能ニュースをネタに記事を書く場合は、必ず最初に連想キーワードが発想できないか?考えて下さい。

芸能人の関連キーワードにはライバルが多すぎますので、上位表⽰示が難しかったりします。

なので連想キーワードを最初に検討して、関連キーワード以外のキーワードが使えないか考えるのです。

もう一つのネタとしてはテレビネタが挙げられます。

番組のオンエアを見た時に、久しぶりに見かけた芸能⼈人に   変化があった時はそれに関するキーワードで検索される可能性があります。

<例>
⼥優○○がとても痩せていた   ⇒「○○   激やせ」、「○○   痩せた」…  
歌⼿手●●がとても太っていた   ⇒「●●   激太り」、「●●   太った」…  
タレント■■の⿐鼻が⾼高くなっていた   ⇒「■■   ⿐鼻」、「■■   整形」…      

また芸能⼈人が公開告⽩白をする番組を観た時に、番組中にカップルが   成立したらそれを元に連想キーワードを作ります。

<例>
番組■■で芸人●●がタレント◇◇に告⽩白し、成功した
  ⇒「●●   告⽩白   ◇◇」、「●●   彼⼥女女   ◇◇」、「●●   熱愛   ◇◇」
(各キーワード   +「■■(番組名)」)…    

スポンサードサーチ


キーワードを複数狙う

1つの記事で狙うキーワードは、2、3個選びます。

その理理由としては単純に狙うキーワードの数を増やせば、狙う数が増えて上位表⽰示される可能性も増えますし、アクセス数も増えるからです。

連想キーワードのみで複数選ぶのが難しい時は、関連キーワードとミックスさせて2、3個選びます。
その際は、同じような意味合いのキーワードや、同じテーマに関するキーワードを複数選べればベストです。

連想キーワードの大切さ

連想キーワードの考え⽅方について色々と説明してきました。

しかし、実際には事細かく報道されているニュースも多く疑問が残らない程、詳細を伝えているニュースもあります。

そのような場合は、無理理して連想キーワードを狙うのではなく、 関連キーワードを狙って記事を書いてOKです。

しかし、最初から関連キーワードに甘えてしまうと   “ずらしの思考力“が鍛えられません。

なので最初のうちは、ニュースを読んで疑問に思う点がないか?
詳細について知りたくなる点がないか一⽣生懸命考える練習をしてください。

ブログが弱い段階から、爆発的なアクセスを集めることができるのは、この「連想キーワード」です。

関連キーワードだけを使って記事を書いていっても飛躍的なアクセス増は望めない場合がありますし、アクセス数の伸びが頭打ちになることもあります。

関連キーワードはライバルも多いですから、それだけでアクセスを稼げるようになる為には、たくさんの記事を書いてブログを育てていかないといけないですし、アクセスが伸びいったとしても非常に緩やかなものになりがちです。

連想キーワードでアクセスの爆発を定期的に起こすことにより、ブログはどんどん強くなっていきます。

グーグルから、このブログは
「アクセスを集めることのできるブログ   =必要とされているブログ」

と判断され、評価があがりますので、SEO的に強くなっていくのです。

ブログが強くなれば強くなるほど、狙ったキーワードで上位表⽰示しやすくなります。

以上の通り連想キーワードには大きなメリットがありますので、大変だと思いますがマスターできるよう頑張りましょう。

慣れないうちは大変難しく感じられますが、練習を積み重ねることで、感覚がつかめてきます。自転⾞も一緒ですよね。   幼少期は、あんなものに乗れると思っていませんでしたが、練習を重ねるにつれて、自然に乗れるようになってきます。  

ぜひ積極的に“連想キーワード”にチャレンジしていってください。